ホンネde語るブログ!! 

アラサーの4人家族のサラリーマンが日常で思ったこと、感じたこと、興味事を本音で語るブログです。

中学受験 算数

元塾講師がオススメする中学入試・算数の家庭学習用・独学用教材!!

投稿日:

Pocket

元塾講師のヒロです。

今回は中学入試に向けての算数のオススメ教材を紹介します。
紹介する教材は指導する際に予習した教材なども含まれて
いますので、中学受験を迎える親御さんがお子様の勉強を
見る際にも参考になると思いますので、是非ご活用ください。

ホンネで語りたいので受験に合格する上で、塾の教材に頼らないで最短で合格も狙えるラインナップに
してあります。
なので、ご自宅でドンドン勉強が進められるお子様であればこれだけでも十分間に合います。

理解・導入に使える教材⇒全受験生必修

まずは文英堂の裏ワザシリーズを揃えましょう!
文英堂の書籍は解説や式が丁寧に書かれていますので、非常に理解しやすく作られているのでお勧めです。
私も駆け出しだったころ裏ワザシリーズによく助けられました。
冊数は多くなってしまうのですが、テキストの方は説明がほとんどなのでボリュームはそこまでありません。
受験算数の裏ワザテクニック 入門編 新装版

受験算数の裏ワザテクニック 新装版

続受験算数の裏ワザテクニック 新装版

受験算数の裏ワザテクニック 図形編 新装版

 

受験算数の裏ワザWチェック問題集 新装版 (裏ワザテクニック)

算数ベストチェック―中学受験用 (日能研ブックス)

次に紹介するのがベストチェックこれは、受験算数の基本的な問題の解法が網羅されており、基本がちゃんとできているかチェックするのに最適です。
見開きで左のページが公式や解法、右のページが問題になっており、初めのページについている弱点チェック問題を解き、できなかった問題は重点的に勉強
していくという使い方もできるし、勉強のスタートが遅れてしまった小学5年生、小学6年生がスピード仕上げ(裏ワザシリーズを使わずに)をするために使うのも有りです。
ただし、説明がベストチェックとだけあって簡素に作られているので、講師やご両親の解説が必要になると思います。

 

理解・導入に使える教材⇒ハイレベル受験生必修
中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

またもや文英堂です。裏ワザシリーズやベストチェックが終わって偏差値60以上の学校を受験する場合はこちらも必修です。
中堅~上位校まで網羅されています。解説は詳しいです。

計算問題の教材⇒全受験生必修
中学入試 でる順過去問 計算 合格への920問 三訂版 (中学入試でる順)

やはり合格の決め手となるのは計算力ですね。
入試問題の0%~20%を占めますし。文章問題でも計算が早ければ試験を有利に運べますので、毎日10分(1ページ)くらいは練習しましょう。

テクニックを高める教材⇒ハイレベル受験生必修

難関中学校の問題を題材にテクニックが紹介されています。例をあげると食塩水の問題で使えるてんびん算など
知っていると早く解ける方法が満載です。

中学入試スパテク算数―難関校突破! (シグマベスト)

中学入試スパテク算数入試問題攻略編―難関校突破! (シグマベスト)

 

思考力系の教材⇒ハイレベル受験生必修
難関校と呼ばれる学校では、公式や基本的な解法では解けない問題も散見されます。
何回も試行して法則を発見したりして解く問題も出題されてきますので、こちらで練習しましょう。

思考力で勝つ算数―難関中学入試『ココで差がつく!』 (シグマベスト)

以上おすすめの参考書でした。
もちろんこの参考書を仕上げたあとに受験校の過去問演習に入ってください。

各中学校入試過去問⇒全受験生必修
過去問演習に入る時期は早くて小学6年生の9月以降 遅くて小学6年生の11月以降です。
1月から入試が始まるので、それまでには間に合わせましょう!
少なくとも3年分は練習する必要があると言われています。
中には過去問に掲載されている年分では練習が足りず、さらに過去の分まで古本屋や
Amazonなどで探し演習量を増やして合格を勝ち取る方もいらっしゃいます。

過去問の練習をすることで学校の特徴がつかめて一気に合格に近づきますので、
何回も時間がある限り繰り返し解くことをお勧めします。

以上、算数のオススメテキストでした。

アドセンス

アドセンス

-中学受験, 算数

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学受験はすべきか?いつから始めるべきか?今でしょ!元塾講師の観点から答えてみる!!

さて今日は中学受験すべきかについて「ホンネ」をぶつけてみようと思う! 最近はドラマでも「下剋上受験」などで取り上げられていますね。 きっかけは現在は会計事務所に勤務していますが、元塾講師ということだけ …

no image

塾選びのポイント 集団指導VS個別指導どちらがよいか?

今回は塾選びのポイントをお話ししていきたいと思います。 塾を選ぶ際のポイントとして 集団指導か個別指導どちらがいいのか? メリット・デメリットを含めてお話ししたいと思います。 塾選びの際は参考にしてみ …