ホンネde語るブログ!! 

アラサーの4人家族のサラリーマンが日常で思ったこと、感じたこと、興味事を本音で語るブログです。

塾の仕事

塾講師のやりがいとは?元塾講師の視点からホンネで語る

投稿日:2017年4月1日 更新日:

Pocket

塾講師のやりがいについてホンネで語って行きたいと思います。

私が以前、勤務していた塾は中学受験・高校受験がメインの学習塾で大手と中堅塾の間くらいの
学習塾で勤務をしていました。

経歴でいうと
アルバイト講師⇒専任社員⇒校舎長⇒エリア長 という経歴で

様々なポジションを体験してきました。
今回は経歴順に書いて行きたいと思います。

①アルバイト講師時代
 私自身、中学受験などはしていなかったので、高校受験から
 学習塾に通学していたくらいで、あまり興味はなかったのですが
 時給が高いことに目をつけて応募してたのです。
 ちなみに自分の受験経歴についてもすごい結果を残している訳でも
 ないので応募した時点でお断りされると最初は思っていました。
 
 やはり学習塾は学歴を重視するところもありますので応募の前に
 確認しておくといいと思います。

 さて、採用試験ですが、英語と数学・算数の2科目で受験をして
 ほとんど点数がとれた感覚はなかったのですが、合格でした。
 採用試験の問題は基本的には入試問題から抜粋して出題されています。
 当時出題されていたのは、慶応の算数でした。
 当時は特殊算なども知らなかったので解けませんでした。笑
 
 合格をしてからは模擬授業研修をして、研修担当の先生から
 OKをもらって配属先に就くことになります。
 この模擬授業研修は先生としての立ち振る舞いができるように
 訓練する模擬授業です。

 先生としての立ち振る舞いとは
 ①大きな声で説明する
 ②生徒の方を見て話す(最初は黒板を見て話してしまうんです。)
 ③板書のまとめ方
 といった基本動作です。
 
 アルバイト講師の主な業務は
 ①生徒の成績アップ②目標校の合格③日々の家庭学習
 についてひたすら追っかけます。

 ■仕事のやりがい
 生徒の成績が上がった時、目標校に合格したときに生徒、ご両親から
 感謝されるのでやりがい度はかなり高いです。このやりがいはどの役職
 にいても変わらないところだと思います。現にエリア長として職務を全うし ていた際に幹部の方とも話をする機会も多かったのですが、生徒の成績・入 試の結果に関して重点を置いていたので、塾業界のやりがいになっていると ころです。
 
 ただ成績が上がるまで、合格するまでは約1年以上の戦いとなるので
 継続して勤務できるようではないと、やりがいまではなかなか結びつ
 きません。
 
 私は時給が高いという不純(笑)な動機から塾の仕事を始めたわけですが、
 子ども達の人生に関わるという大事な使命を感じながら10年も続けてしまいました。

 やりがいのある仕事がしたい方は是非挑戦してみてください!!

 社員になってからの話は続編で書いて行きますので、そちらも参考にしてください!

 
ブログランキングに参加しています。
是非クリックいただけると嬉しいです! クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加  

アドセンス

アドセンス

-塾の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした